マツダ ミアータ MX-5 エボリューション 1989-2019

マツダミアータMX-5エボリューション1989-2019

最初のマツダ ミアータ MX-5 世代が登場してからほぼ 30 年が経ち、それ以来、この鮮やかなロードスターは 4 世代にわたるアップグレードとフェイスリフトを経て生きています。マツダのエンジニアは、中型エンジンを搭載した軽量車という当初のコンセプトを常に守り続けてきました。このコンセプトが功を奏したのは、アクセルを踏んだ後の疾走感を楽しむために高価なマルチリッターエンジンを必要としなかったからです。

軽量ボディと低重心で、直線路も曲がり角も安心して楽しくクルージング。エクステリアデザインが大幅に変更されたにもかかわらず、カーモデルがそのルーツに忠実であり続けるのを見るのは通常ではありません。では、この30年間でミアータがどのような変化を遂げ、2人乗りベストセラーカーとしてギネス世界記録に認定されたのかを見ていきましょう。

マツダ ミアータ MX-5 (NA) 1989-1998

エンジン: 1.6リッター4気筒/1.8リッター4気筒ガソリン
力/トルク:
1.6: 85 KW @ 6500 RPM / 116 HP @ 6500 RPM / 114 BHP @ 6500 RPM / 100 lb-ft @ 5500 RPM / 136 Nm @ 5500 RPM
1.8: 96 KW @ 6500 RPM / 131 HP @ 6500 RPM / 129 BHP @ 6500 RPM / 111 lb-ft @ 5000 RPM / 150 Nm @ 5000 RPM
伝染 ; 感染: 5速マニュアル
重さ: 950kg (1.6) / 990kg (1.8)
0~100km/h: 8.8秒 (1.6) / 8.2秒 (1.8)

MX-5 の第 1 世代は大成功を収めました。小さくて軽量なロードスターは、サイズが本当に重要ではないことを皆に示すのに何の問題もありませんでした.その最も有名な特徴は格納式ヘッドライトで、これは次世代では固執せず、NA のみのトレードマークとなっています。

コンパクトで小さいですが、通勤用の車や食料品に向かうときの移動手段として簡単に役立ちます.初代 MX-5 は、10 年間にわたってマツダの全車両の中で最も成功し、最も売れた車の 1 つです。 1994 年に、この車はデュアル エアバッグや、より強力なエンジンなど、いくつかのマイナー チェンジを経験しました。

マツダ ミアータ MX-5 (NB) 1998-2005

エンジン: 1.6リッター4気筒(欧州・日本) / 1.8リッター4気筒ガソリン
力/トルク: 
1.6: 81 KW @ 6500 RPM / 110 HP @ 6500 RPM / 109 BHP @ 6500 RPM / 99 lb-ft @ 5000 RPM / 134 Nm @ 5000 RPM
1.8: 103 KW @ 6500 RPM / 140 HP @ 6500 RPM / 138 BHP @ 6500 RPM / 119 lb-ft @ 4500 RPM / 162 Nm @ 4500 RPM
伝染 ; 感染: 5/6速マニュアル/4速オートマチック(オプション)
重さ: 990kg (1.6) / 1026kg (1.8)
0-100km/h: 9.7秒 (1.6) / 8.6秒 (1.8)

第 2 世代は、NA が世界中で確立した成功の翼で生まれました。丸みを帯びたエッジ、コンパクトなデザイン、低重心でオリジナルの雰囲気を保ちました。また、第 2 世代は軽量の中型エンジンを採用し、回転数を感じると血が速くなるほどの高出力を発揮します。

第 2 世代には、オプションのハードトップや標準の 15 インチ ホイールなど、注目すべきアップグレードがいくつかあります。新世紀の幕開けには、より強力な 113KW S-VT エンジンと 16 インチ ホイールが導入され、翌年の 2001 年には、昨年のエンジン アップグレードにより当然の結果として 6 速マニュアル トランスミッションが導入されました。

マツダ ミアータ MX-5 (NC) 2005-2015

エンジン: 1.8L 4気筒ガソリン / 2.0L 4気筒ガソリン
力/トルク:
1.8: 93 KW @ 6500 RPM / 125 HP @ 6500 RPM / 125 BHP @ 6500 RPM / 123 lb-ft @ 4500 RPM / 167 Nm @ 4500 RPM
2.0: 118 KW @ 6700 RPM / 160 HP @ 6700 RPM / 158 BHP @ 6700 RPM / 139 lb-ft @ 5000 RPM / 188 Nm @ 5000 RPM
伝染 ; 感染: 5/6速マニュアル/6速オートマチック(オプション)
重さ: 1129kg (1.8) / 1155kg (2.0)
0-100km/h: 9.4秒 (1.8) / 7.9秒 (2.0)

MX-5 に最初に期待されることのほとんどは、10 年間組立ラインから出続けた第 3 世代で変更されました。エンジンは 2.0 リッターの 4 気筒ガソリンで、6 速トランスミッションとの相性も抜群でした。 NC シリーズは数キロ増加し、重量は 1129kg になりましたが、これはパフォーマンスの特徴には反映されていません。

エクステリア デザインにはいくつかの重大な変更が加えられました。特に、シャープなエッジ、17 インチ ホイール、ややワイドなシャーシの導入が注目されました。 3代目のミアータは、先代のコンパクトで小さいルックスと比べて、より頑丈に見えると言えます。しかし、一度車内に入ると、古き良きミアータの雰囲気が取り入れられます。 新世紀が指示したように、NC 世代には、クルーズ コントロール、リミテッド スリップ ディファレンシャル、キャビン スペースのもう少し広いスペースなど、いくつかの追加機能が含まれていました。

マツダ ミアータ MX-5 (ND) 2015-現在

エンジン: 1.5リッター4気筒/2.0リッター4気筒ガソリン
力/トルク: 96Nm/150Nm(1.5L)/118kW/200Nm(2.0L)
伝染 ; 感染: 6速マニュアル/6速オートマチック(オプション)、FR
重さ: 1009kg (1.5L); 1033kg(2.0L)
0-100km/h: 8.5秒(1.5L); 7.1秒(2.0L)

1989年から時は流れ、マツダMX-5は4代目モデルの登場で真の成熟期を迎えました。最新のモデルでは複雑なラインとトランジションが導入されていますが、設計ソリューションは元のコンセプトを維持しています。見た目も手触りも大きくなっています。ただし、ボディはNBおよびNC世代の両方よりも軽量で、元の重量に傾いています。

このモデルが非常に軽いという事実について印象的なのは、そのような羽のような車両に搭載されている装備と機能の量です。元のバージョンへの一種のオマージュとして、第 4 世代の MX-5 は、かなりの量の電力を分配する小さなエンジンを提供し、すべてがどこから始まったかを思い出させます。

マツダ ミアータ MX-5 (ND2) 2019+

2019 マツダ MX-5 ミアータの 2.0 リッター Skyactiv-G エンジンは、正味馬力が 155 馬力から 181 馬力にパワーアップし、26 馬力と 3 ポンドフィートのトルクが向上します。通り ロード&トラック、エンジンは現在の6,800 rpmのレッドライン(前世代のNC Miataのレッドラインより400rpm低い)よりも速く回転し、軽量のピストンとコネクティングロッド、および新しいクランクシャフトを備えています。

吸気ポートと排気ポートが大きくなり、カムシャフトがよりアグレッシブになります。新しいMX-5には、より重く、通常はより複雑なデュアルマスフライホイールが搭載されますが、マツダは、これにより、より強力な2019エンジンによってもたらされる騒音、振動、および不快感の問題の一部を処理できると主張しています.最後に、新しいスロットルボディは、修正された吸気ポートと排気ポートを適切に使用します。

パワートレインとは別に、2019 Miata は Smart City Braking System を取得し、潜在的な前面衝突を検出し、ブレーキを適用して、最大 19 mph の速度で衝突の可能性を回避または軽減します。 ND2 は、リアビュー カメラとしても伸縮式ステアリング ホイールを取得し、CD プレーヤーは新車ではなくなります。

 

2 Comments

  1. 私はマツダ MX-5 クラブ オブ クイーンズランド (オーストラリア) のハウスマガジン「Rag-Top Review」の編集者です。ブランドの進化に関するこの記事を転載する許可を求めます。会員の皆様には大変興味深い内容だと思います。ありがとう
    • 乾杯ピーター。もちろん、お気軽にどうぞ。私たちはいつでも MX-5 コミュニティにサービスを提供できることを嬉しく思います :)。実際、私たちにはオーストラリアから素晴らしいビルドを持つ多くのフォロワーがいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メインメニュー